2019.06.29ブログ

エアコンで掃除が必要な3つの箇所

エアコン内部でも特に掃除が必要な箇所は3つあります。

1つ目はフィルターです。
フィルターは空気をエアコンが吸い込む際、空気中の汚れやホコリなどをキャッチして内部に侵入させないための箇所となっています。
そのため、エアコン内部でも特に汚れが溜まりやすく、掃除を重点的に行わなければなりません。
さらに、フィルターを常にきれいな状態で保っていると、エアコン内部にホコリが蓄積しづらくなります。
ホコリが蓄積するとカビのエサとなり、カビが繁殖してしまいます。
夏や冬など、エアコンの稼働する頻度の高い時期は、フィルターのこまめな掃除が必要になります。

そして、2つ目の部位はエアコン内部の熱交換器(アルミフィン)です。
熱交換器はエアコンのカバーを開け、フィルターの下にある金属の板を指します。
ここで取り込んだ空気を暖かくしたり、冷たくしたりして室内温度の調節を行います。
水が発生する場所でもあるので、汚れやカビが生えやすいところです。
エアコン内部のカビを除去するには、この熱交換器を重点的に清掃する必要があります。

3つ目は送風ファンです。
送風ファンはエアコン内部で温度を調整された空気を外へ送り出すための箇所となっています。
エアコンを稼働させた際に嫌な臭いを感じるときは、このファンについた汚れが原因であるケースもあります。
ファンは冷やされた風も送り出すため、結露が発生しやすい部位です。
環境によってはカビが繁殖しやすくなっているので、冷房を稼働させる時期はこまめに清掃を行う必要があります。
トータルクリーンサービス
お問い合わせ